水着 ムダ毛

妊娠中の脱毛ってダメなの?!

まだ脱毛が完了していない時期に妊娠するとどうなるのでしょうか。

継続できるのか赤ちゃんへの影響を考えて中止すべきなのか、悩む人もいるでしょう。
ビーアップ
実際には多くのサロンで、妊婦・授乳中の人への施術は禁止されていることがほとんどなのです。
その理由としては、まずホルモンバランスの問題が挙げられます。
体毛の濃さや生える周期はホルモンが大きく関係しています。

 

妊娠中はホルモンバランスが非常に不安定な状態になり、このような時期に脱毛をしても思うような効果が得られないのです。
授乳期においても同様で、ホルモンバランスの乱れが落ち着くのは赤ちゃんが乳離れをして、きちんと生理が再開してからになります。
またもうひとつの理由として、やはり母体への影響があります。

 

施術そのものが赤ちゃんや母体に悪影響を与えるというのではありません。
ただ脱毛は部位によっては相当な痛みを伴いますので、施術中はどうしても体に余計な力が入ってしまいます。
妊娠中はあまり力をいれるとお腹が張ってしまって、赤ちゃんのいる子宮が収縮して早産などになる危険性があるのです。
では脱毛期間中に妊娠してしまった場合はどうなるかと言うと、ほとんどのサロンで契約の延長が出来ることが多いです。

 

ただ1年6回コースなどの様に期間と回数が決まっているものは延長ができないこともありますし、できたとしても手数料を払わないとダメな場合もあります。
契約内容はサロンにより様々です。

 

既婚者などで近い将来妊娠の可能性がある人は、最初にその辺の説明をきちんと受けておきましょう。
出産してからは子育てに追われて脱毛に通うことも難しいと思います。
できれば妊娠の予定が無い時期に済ませておくのがベストです。

じっくり体の中から変える漢方でニキビ改善

今はもう治っていますが、私はかつてひどいニキビに頭を悩ませていた時期がありました。
ちょうど初めて就職した頃で、何もかもが知らないことの連続の日々。
毎日気が張っていたので、かなりストレスが溜まってとても疲れていました。

 

そうしている内にストレスが原因だと思うのですが、顔中に大きなニキビがゴロゴロと出来始めて、すごいことになってしまったんです。
20代前半の女性なので、顔にできたニキビはとても辛かったです。
お化粧をしてごまかしても気休めにしかならないし、仕事をしていてもお客さんが自分のニキビに視線が釘付けになっているような気がしてなりませんでした。

 

皮膚科に行こうかと思いましたが、仕事が忙しくてなかなか診療時間に間に合わず、ネットで色々と調べているうちに、ニキビに効く漢方があることを知りました。
ツムラから出ている「清上防風湯」という漢方薬で、湿疹や赤みのあるニキビに効果があるとのことなので試してみようと思いました。

 

飲み薬というのが最初は抵抗ありましたが、漢方薬なのでゆっくりじわじわと効果が出てくるんだと信じて飲み続けました。
少し苦味があって顆粒タイプなので飲みにくいのですが、漢方なのでそこは我慢。。
3週間ぐらい経ったころかな?
ニキビでパンパンだった顔の赤みが落ち着いてきて、ニキビ自体が小さくなってきました。
そしてそのまま飲み続けると、いつしかニキビはキレイになくなって、元の肌に戻ることができたんです。
少し時間はかかるかも知れませんが、下手に塗り薬などを塗って一時的に抑えるよりも、漢方で体の中から悪い部分を改善する方がこの先ニキビは出来にくいと思います。

 

更新履歴


このページの先頭へ戻る